The Bruce-Partington Plans

またもや、Sherlock Holmsネタで済みません。 先日、 このタイトルのJeremy Brettのホームズを見ていて、あることを発見。 あ~、一緒だ~!って。 Sherlock: The CasebookBBC Books Guy Adams Amazonアソシエイト by ファンの皆様はもう既に御存じだとは思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Louis Braille (Scholastic Biography)

アルファベットの点字を作り出したLouis Brailleの伝記。 1万語ちょっとの薄い本なので読み出したらあっという間なのに、す~っごく長い間、積ん読状態になってました。 Louis Braille: The Boy Who Invented Books for the Blind (Scholastic Biography)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Home of The Brave by Katherine Applegate

多読仲間からのお勧め本です。 仲間内では有名な、あのAnimorphsのApplegateさんの著書。 さまざまな国からたくさんの移民を受け入れてきたアメリカという国ならではの物語だと思います。 Home of the BraveSquare Fish Katherine Applegate Amazonアソシエイト by…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Butterfly Lion by Micheal Morpurgo

著者のMichael Morpurgoさんはイギリスの児童書作家。 好きな作家の一人です。 何冊か買いためてあるのですが、今回、この本に呼ばれました。 The Butterfly LionHarperCollins Publishers Michael Morpurgo Amazonアソシエイト by このThe …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Sign of Four

BBCドラマSHERLOCKにはまったのがきっかけで、Jeremy BrettのTVシリーズを(今回は字幕なし・吹き替えなしで)見直したところ、そのおもしろさを再確認。そんなこともあって「原作でHolmesが読みたい熱」が再来。Sir Arthur Conan DoyleのSherlock Holmesを少しずつ順番に聞き読みしています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tuesdays with Morrie

2013年12月18日読了。35,144words. リベンジ本です。 多読を始める前に辞書を引き引き、全体の約4分の1ぐらいかな、わかったような、わからないような感じで読んで、投げた本。 わからないながらに何か惹かれるものがあって、いつか必ず再読を!と思っていました。 当時の本は辞書で調べた単語の意味の書き込みやら、下線やらで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい年を迎えて

Happy New Year, Everyone! I'm watching 2014 New Year's Eve BallDrop on my iPad as I write this blog. It looks very cold in New York City. I saw flakes of snow flowing …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more