Far from the Tree

本のレビューを書くのは本当に久しぶり。(ブログを書くこと自体も……) 心を揺さぶられた物語のレビューを冷静に書くのは難しいのだけど、Let me try. Grace(16歳)、Maya(15歳)、Joaquin(17歳)は母を同じくする兄妹だが、お互いの存在を知ることなく、養父母、里親と暮らしてきた。 GraceとMayaは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で発見したかわいい本たち

お久しぶりです。かなりブランクが……(汗) ところで、最近、かわいいシリーズを1、2発見したのでご紹介します。 このところ、余裕がなくて図書館の棚を覗くこともなかったのですが、月1回図書館で英語多読の集まりをするようになったこともあって、久しぶりにじっくり棚を眺めてみました。 そこで発見したのが、以下のシリーズたちです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Ghost Drum by Suzan Price

The Ghost Drumを読み終えました。 全167ページ。 faber and faber社 pablish版を古書で買いましたが、こちらだと新品で買えるようですね。 Kindleなら、かなりお安く読むことができます。 金原瑞人さん訳で以前、邦訳版が出版されたのですが、現在は絶版になっています。 現在、翻訳家の金原さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Our Trip to London & Paris - Day3 at Oxford 3

さて、Christ Churchの裏手のゲートを出ると、そこは狭い通り。 今、見てみると、この地図のCanterbury QuadあたりからOnel Squareあたりに出たんだろうと思われます。 時折降る雨の中、どの辺にいるのかわからないまま、とにかく路地に沿って歩き始めました。 そして、The Bear Innに遭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Our Trip to London & Paris - Day3 at Oxford 1

3日目。 West Brompton駅からPaddington駅まで地下鉄で約12分程度。 Paddington駅からOxfordまで約1時間。 切符の安い買い方はいろいろあるようですが、今回は直前に行くことを決めたということで考える間もなく、とにかく駅でReturn ticketを2人分買い求めました。次回(あるだろうか?)のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Our Trip to London & Paris - Day 2 at London 3

ロンドン塔から次に目指したのは大英博物館(The British Museum)です。この頃からぽつぽつ雨が降り始めました。 外観とは打って変わって、エントランスはとてもモダンなつくり。 さて、着いた早々何をしたか、というと…… アルコールをお供に…… 上階のレストランでお昼ご飯を食べたのでした。 カメラの設定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Our Trip to London & Paris - Day 2 at London 2

昨年の旅行からはや半年。 ブログを書く時間が持てず、記憶が半分飛んでいますが、旅行記を続けます。 ロンドン2日目。 続きは、ロンドン塔からでしたね。 では、ツアー再開! Tower of Londonは絶対に行くと決めていた場所でした。 行くと決めていたので、あらかじめvisitlondon.comのサイトでTo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Our Trip to London & Paris - Day 2 at London 1

ロンドン2日目(9月21日(月)) 目ざめると外は曇り空。 外は寒いよと、タバコを吸いに外に出て戻ってきた夫。 基本的に、ロンドンは(パリも同じだったが)、屋内は全て禁煙だけど、屋外は喫煙可能。 必然、ホテルの玄関先の喫煙所にタバコのみが集うことになる。 夫にとって日本から来ている同宿のタバコのみとのコミュニケーションの場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Our Trip to London & Paris -First Day at London-

今回はANAのパックツアーを使ったので、フライトは国内便からすべてANA。 飛行機の便から宿探しまですべて自分でできたらすごくかっこいいなあとは思うのだけど、旅慣れていない私たちには多少高くても飛行機の便と宿が決まっているこういうパックが便利で安心でした。 20日朝一番の便で地元空港を発ち、羽田へ。国際空港に移動して、ヒースロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Our Trip to London & Paris -Prologue-

9月20日~27日、シルバーウィークを利用してロンドン・パリ6泊8日の旅をしてきました。 退職したら一緒に海外旅行しようねと、かねがね言っていた夫との珍道中。 その記録です。 さて、プロローグということで、行き先がなぜここになったかということから始めましょう。 当初、オーストラリアやニュージーランドの案もあったのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Harding's Luck

House of Ardenの続編、Harding's Luck 読み終わりました。 5年前、もやがかかったような理解度でもパズルがあるべき場所にはまっていく爽快さを経験したのですが、 5年の間に理解度が上がったんでしょうね。人物関係がきっちり把握できてより一層楽しめました。 プラス、知らない間に読む速度も上がっていた! Hou…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

House of Arden (from Complete House of Arden)

ネズビットのタイムトラベル&宝探しファンタジー。 ご紹介しているのは、House of Arden、そしてその完結編のHarding's Luckが合本になっているKindle版です。 5年ぐらい前に一度通しで読んだのだけれど、今回(Harding's Luckは今から再読しま~す)読み返して、 全然読めてなかったことがわかりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A Greyhound of a Girl by Roddy Doyle

Book Talkで多読仲間からご紹介いただいて、スタンバイしていたこの本。 聞き読みで、読み終わりました。 舞台はアイルランドのダブリン、そして、その周辺。 アイルランドっぽさと、4世代にわたる母娘のそれぞれの気質がよーく伝わってくる力強い朗読が物語の中に導いてくれました。 A Greyhound of a GirlMar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The London Eye Mystery by Shiobhan Dowd

ほぼ5年間積ん読になってたこの本。 読み始めたら、あっという間でした。 49,614語。 The London Eye MysteryYearling Siobhan Dowd Amazonアソシエイト by タイトル通り、これはミステリーである。 主人公はアスペルガーシンドローム(とはっきり書いてはないけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dracula by Bram Stoker

興味があって、以前から読みたいと思っていた本。 古典だし、ボリュームも多いし、ということで、なかなかきっかけがつかめませんでした。 しかし、Courseraのこのコースを受けたことがきっかけで(いや、読むために受講したのか……)読み終えました。SFやファンタジーが大好きな私、興味の赴くまま2回受講しましたが、1回目は第2週で頓挫。2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

About my Daughter

I'm going to tell you about my daughter. My daughter has hearing disability. She was born with it, and I'm doubting she has also something other difficulty. When sh…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more