テーマ:英語

Far from the Tree

本のレビューを書くのは本当に久しぶり。(ブログを書くこと自体も……) 心を揺さぶられた物語のレビューを冷静に書くのは難しいのだけど、Let me try. Grace(16歳)、Maya(15歳)、Joaquin(17歳)は母を同じくする兄妹だが、お互いの存在を知ることなく、養父母、里親と暮らしてきた。 GraceとMayaは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で発見したかわいい本たち

お久しぶりです。かなりブランクが……(汗) ところで、最近、かわいいシリーズを1、2発見したのでご紹介します。 このところ、余裕がなくて図書館の棚を覗くこともなかったのですが、月1回図書館で英語多読の集まりをするようになったこともあって、久しぶりにじっくり棚を眺めてみました。 そこで発見したのが、以下のシリーズたちです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Ghost Drum by Suzan Price

The Ghost Drumを読み終えました。 全167ページ。 faber and faber社 pablish版を古書で買いましたが、こちらだと新品で買えるようですね。 Kindleなら、かなりお安く読むことができます。 金原瑞人さん訳で以前、邦訳版が出版されたのですが、現在は絶版になっています。 現在、翻訳家の金原さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Our Trip to London & Paris - Day3 at Oxford 3

さて、Christ Churchの裏手のゲートを出ると、そこは狭い通り。 今、見てみると、この地図のCanterbury QuadあたりからOnel Squareあたりに出たんだろうと思われます。 時折降る雨の中、どの辺にいるのかわからないまま、とにかく路地に沿って歩き始めました。 そして、The Bear Innに遭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Our Trip to London & Paris - Day3 at Oxford 2

窓の外は雨……。 さて、そもそもなぜOxfordに行きたかったか。 それは、私の好きな物語たちがここで生まれたから。 This place is heart of fantasy. There were so many authors taught at Oxford University and wrote their m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Our Trip to London & Paris - Day3 at Oxford 1

3日目。 West Brompton駅からPaddington駅まで地下鉄で約12分程度。 Paddington駅からOxfordまで約1時間。 切符の安い買い方はいろいろあるようですが、今回は直前に行くことを決めたということで考える間もなく、とにかく駅でReturn ticketを2人分買い求めました。次回(あるだろうか?)のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Our Trip to London & Paris - Day 2 at London 3

ロンドン塔から次に目指したのは大英博物館(The British Museum)です。この頃からぽつぽつ雨が降り始めました。 外観とは打って変わって、エントランスはとてもモダンなつくり。 さて、着いた早々何をしたか、というと…… アルコールをお供に…… 上階のレストランでお昼ご飯を食べたのでした。 カメラの設定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Our Trip to London & Paris - Day 2 at London 2

昨年の旅行からはや半年。 ブログを書く時間が持てず、記憶が半分飛んでいますが、旅行記を続けます。 ロンドン2日目。 続きは、ロンドン塔からでしたね。 では、ツアー再開! Tower of Londonは絶対に行くと決めていた場所でした。 行くと決めていたので、あらかじめvisitlondon.comのサイトでTo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A Greyhound of a Girl by Roddy Doyle

Book Talkで多読仲間からご紹介いただいて、スタンバイしていたこの本。 聞き読みで、読み終わりました。 舞台はアイルランドのダブリン、そして、その周辺。 アイルランドっぽさと、4世代にわたる母娘のそれぞれの気質がよーく伝わってくる力強い朗読が物語の中に導いてくれました。 A Greyhound of a GirlMar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The London Eye Mystery by Shiobhan Dowd

ほぼ5年間積ん読になってたこの本。 読み始めたら、あっという間でした。 49,614語。 The London Eye MysteryYearling Siobhan Dowd Amazonアソシエイト by タイトル通り、これはミステリーである。 主人公はアスペルガーシンドローム(とはっきり書いてはないけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dracula by Bram Stoker

興味があって、以前から読みたいと思っていた本。 古典だし、ボリュームも多いし、ということで、なかなかきっかけがつかめませんでした。 しかし、Courseraのこのコースを受けたことがきっかけで(いや、読むために受講したのか……)読み終えました。SFやファンタジーが大好きな私、興味の赴くまま2回受講しましたが、1回目は第2週で頓挫。2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I've read “Where the Sidwalk Ends"

Recently I'm reading “Dracula" It's a Gothic horror written by Bram Stoker in the Victorian era. The book has great volume. It has about 160,000 words I am a slow rea…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【BBC】Sarah & Duck

きのう、UKアマゾンから届きました! This is BBC's program for kids. There are 10 stories in it. They are very cute !! I've watched 4 titles. "cake bake" I love this title …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VOLCANO

再読しました。 ずいぶん前になりますが、多読開始2年ぐらいで読んだ本です。 語彙が難しめなので、当時、どれだけわかってたんだろう?って思いますがおもしろかったんですよね。 とっても印象に残っているので。 Newbery Honor 総語数 6,765語 Volcano: The Eruption and Healin…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Bruce-Partington Plans

またもや、Sherlock Holmsネタで済みません。 先日、 このタイトルのJeremy Brettのホームズを見ていて、あることを発見。 あ~、一緒だ~!って。 Sherlock: The CasebookBBC Books Guy Adams Amazonアソシエイト by ファンの皆様はもう既に御存じだとは思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Louis Braille (Scholastic Biography)

アルファベットの点字を作り出したLouis Brailleの伝記。 1万語ちょっとの薄い本なので読み出したらあっという間なのに、す~っごく長い間、積ん読状態になってました。 Louis Braille: The Boy Who Invented Books for the Blind (Scholastic Biography)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Home of The Brave by Katherine Applegate

多読仲間からのお勧め本です。 仲間内では有名な、あのAnimorphsのApplegateさんの著書。 さまざまな国からたくさんの移民を受け入れてきたアメリカという国ならではの物語だと思います。 Home of the BraveSquare Fish Katherine Applegate Amazonアソシエイト by…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Sign of Four

BBCドラマSHERLOCKにはまったのがきっかけで、Jeremy BrettのTVシリーズを(今回は字幕なし・吹き替えなしで)見直したところ、そのおもしろさを再確認。そんなこともあって「原作でHolmesが読みたい熱」が再来。Sir Arthur Conan DoyleのSherlock Holmesを少しずつ順番に聞き読みしています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tuesdays with Morrie

2013年12月18日読了。35,144words. リベンジ本です。 多読を始める前に辞書を引き引き、全体の約4分の1ぐらいかな、わかったような、わからないような感じで読んで、投げた本。 わからないながらに何か惹かれるものがあって、いつか必ず再読を!と思っていました。 当時の本は辞書で調べた単語の意味の書き込みやら、下線やらで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The One and Only Ivan by Katherine Applegate

あのAnimorphsシリーズの作者が書いたとっても素敵なゴリラのIvanのお話。 多読仲間の間で話題になった今年のNewbery Medal作品。 The One and Only IvanHarper Collins USA Katherine Applegate Amazonアソシエイト by 作者のKat…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Life of Pi

これからしばらく、ブログに上げていなかった既読本を上げていきます。 ためすぎてずいぶん、記憶が薄れかかっていますが……。 まず、映画化されたこの時を逃すべしと読んだこの本から。 Life of PIMariner Books Yann Martel Amazonアソシエイト by 多読を初めて、まだ間もないとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリスのドラマDownton Abbey

最近どうもイギリスドラマづいているようで、 イギリスITVで放映のドラマDownton Abbeyがおもしろいです。 評判を聞いて、またまたAmazon UKからシリーズ1と2がセットになったBlu-rayを購入。 リンクはAmazon JPのほうです。 Downton Abbey Series 1 & 2 [Blu…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

A Study in Scarlet

BBCドラマ SHERLOCKに夢中になり、ついに原作に手を出しました。 もともとクリスティやHolmesが大好きな私。 KindleでThe Complete Sherlock Holmes Collection(With Active Table of Contents and Original Illustrations)とい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Luluのシリーズ

図書館で借りてきた本。 これがどうも続きものらしい。 ということで、調べた結果、こちらがが1冊目と判明。 早々にAmazonコムからe-bookで購入しました。 こんなとき、e-bookってほんと、便利。 Luluのわがままぶり、作者が時々物語りの中に入り込んで皮肉たっぷりに茶々を入れていくところ、私のつ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

The Girl who Played with Fire

年明けに読み終えました。 もう、はらはら、どきどきで、最後のほうは一気読みでした。 The Girl Who Played with FireQuercus Publishing Plc Stieg Larsson Amazonアソシエイト by 1巻目の謎は解決を見、2巻目は新しい事件が待ち受けています。 とはいえ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Hundred Dresses by Eleanor Estes

読もうと思いつつ、手元に置きながら積ん読になっていた本。 本屋さんで、石井桃子訳の『百まいのドレス』を目にした……、ことがきっかけだったかどうか忘れてしまいましたが、ふと、手に取ったことで読み終えることができました。 読んでよかったなと思える本でした。 Hundred Dresses (Voyager Book)Voyag…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ごぶさたしてました(№2)

一気にアップしようと思ったら、文字数制限にひっかかりました。 で、その2ということで。 Good Little WolfJonathan Cape Nadia Shireen Amazonアソシエイト by RolfはLittle Good Wolf、でも、Big Bad Wolfはこう言うんだ「本物のオオカミは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more