Our Trip to London & Paris -First Day at London-

今回はANAのパックツアーを使ったので、フライトは国内便からすべてANA。
飛行機の便から宿探しまですべて自分でできたらすごくかっこいいなあとは思うのだけど、旅慣れていない私たちには多少高くても飛行機の便と宿が決まっているこういうパックが便利で安心でした。

20日朝一番の便で地元空港を発ち、羽田へ。国際空港に移動して、ヒースロー行きの便に乗り込みました。
ずっとANAの便だから(?)なのか、手荷物は羽田で受け取ることなく、そのまま積み替えられてヒースローまで直行。11時40分のヒースロー行きに乗り込み、いざ、しゅっぱ~つ!
画像

画像


12時間のフライトを経て、ヒースロー空港に到着したのは、同じ日付の夕方4時。
ツアーの現地スタッフの案内でほかの2組のお客さんと一緒に送迎バスに乗り込み、ロンドン市内のホテルへ。
画像


ロンドン市内中心部へ行くほどホテルの値段は高くなるらしく、そこまで贅沢できない私たちはヒースロー寄りのちょっと中心部から外れたホテル。ということで、一番最初に送迎バスを降りることになります。

ここが滞在したホテル▼
IBS London Earls Court
http://ow.ly/Tq2tO

最寄りの地下鉄駅はWest Brompton。
Paddington StationやNotting Hill(http://ow.ly/Tq2Al)へはこの最寄り駅から10分ぐらいで行けます。

画像
           West Brompton Stationのプラットホーム。

ホテルで一息入れた後、ホテル近辺を探検。
駅がどの辺にあるのか確認しておきたかったしね。
夫は、夜食べる軽めのものとビールを調達できる場所を探したかった模様。
見つけたのが、この小さな24時間営業のお店です。

画像


ここで、サンドイッチとビール、リンゴなどなどを購入。
下の写真はそのとき買った赤いリンゴと青いリンゴ。ホテルの窓越しに置いて記念撮影。
このお店、この後、ビールやタバコ(タバコはすっごく高かったそう。言ったら怒られるからいくらとは言わなかったけど)を求める夫の御用達ストアになったのでした。
あるとき、買い物をして出て来た女の子が、踊りながら道路を歩いて行くのを目撃。わおっ!と目が点ににして見つめていたら、同じように振り返って彼女を見ていた自転車の男性と目が合って、「いやー、何なんだろうねー」って感じで微笑んでいったのが印象的でした。こういうちょっとした出会いや出来事が旅の醍醐味っていうのかな。
こんな、たわいのないことが、ちょっとうれしかったりして。

画像


ホテル近辺の写真です(下)。The Prince of WELES(http://ow.ly/Tq5dR Face Book:https://www.facebook.com/pow0459)というpubのチェーン店があって、3日目の夜はここで食事。Fish and Chipsを一皿頼んだら、すっごい量で、2人で食べても余るほど。もちろんbeerとともに。残念ながら写真は撮り忘れました。
画像


After the wondeing around the hotel, We spent in our room eating the sandwich, an appole and nuts etc..., with the cans of beer. Then, our first day's of London was over.

この記事へのコメント